FC2ブログ
2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
マンション価格3割引も。首都圏郊外のマンションが不調。
マンションの販売が全国で低調らしい。その背景として、用地や建築資材の高騰を受けて販売価格が急上昇したことや、景況感悪化による購入層の買い控えが見受けられる。

現地物件を来場した人を対象に、後日ダイレクトメールにて1割以上の値引きをたたき売りしている現状も見受けられる。

昨年後半から好調だったマンションの売れ行きが鈍っています。

不動産経済研究所によると首都圏のマンションの契約率は昨年1~6月は平均75%だったが、今年1月に52%に急落した。買い手がつかない在庫は昨年末、5年ぶりに1万戸を突破。その後も減っていない。とのことです。

販売が長期化すれば、マンションを販売する側にもリスクが出てきます。
それは借入金の金利払いや広告費、人件費などの負担で、値引きしてでも在庫を減らしたほうが、出費が少なくて済むとの事です。

東京都東村山市の大規模マンションは昨年7月に販売を開始したが、今年1月、当初3098万円の物件を約25%値引きし、2320万円で売り出した。

このような値引き状況を踏まえ、購入層も見送りの傾向になっています。
少なくともこの1年間は、マンションの価格調整が続くのではと予想される。


マンション価格3割引も。首都圏郊外のマンションが不調。写真はイメージ図。



<マンション>在庫重く3割引きも……大量売れ残りの現場で何が起きているのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080519-00000015-maiall-bus_all
5月19日17時59分配信 毎日新聞

スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP
4月首都圏マンション発売戸数、需給とも低調=不動産経済研究所
民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、4月の首都圏マンション発売戸数は2875戸で、前年比29.7%減少となった。減少は8カ月連続。同月の首都圏のマンション契約率は63.1%で、好不調の分かれ目とされる70%を9カ月連続で下回った。同研究所では「需給とも低調」と指摘した。
 需要減退について同研究所は価格の高騰を要因に挙げた。1戸あたりの価格は5344万円となり、前年比で14.9%上昇。東京赤坂の高額タワーマンション(1戸平均1億3911万円)の発売もあり、上昇幅は、3月のプラス6.2%から大幅に拡大した。同研究所では「どこまで顧客が(価格上昇に)ついてこられるか」が問題という。
 マンション販売在庫数は前月比293戸減ったものの、1万0544戸と、5カ月連続で1万戸を上回っている。
 また供給についても、デベロッパーが顧客の反応を見ながら価格設定をするため、後ずれさせる傾向があるという。
 同研究所では、今年の首都圏の供給は2007年実績を1割程度下回る5万4000戸前後と見込んでいるが、現時点でその見通しから大きなカイ離はないという。

5月15日15時0分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000035-reu-bus_all

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP
マンション購入後の税金
住宅を購入すると3つの税金が発生します。
入居してすぐに不動産取得税がかかり、その後固定資産税と都市計画税が毎年かかります。
固定資産税などは住宅ローン控除で最初は安くなりますが、6年目から住宅ローン控除がなくなり、税額が上がるので注意が必要です。

<不動産取得税>
住宅を買った後に一度だけかかる税金。ファミリータイプのマンションは軽減処置が受けられるので負担はさほど重くないでしょう。入居時に納税通知が届くので軽減されているかを確認しましょう。

<固定資産税>
購入後に毎年かかる税金。年に1回自治体から納税通知が届きます。マンションの場合は新築から5年間は税額は半分になります。(東京都は2008年の新築まで3年間免除)

<都市計画税>
購入後に毎年かかる税金。納税通知も固定資産税と同時に届きます。全国一律の軽減措置はありませんが、自治体によっては軽減されることもあります。税率は自治体によって異なります。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP
マンション購入予算の目安
毎月払える返済額とは
現在の生活水準を保ちつつ無理なく返済していくには、今払っている住居費と同等程度が理想的です。
マンション購入費として毎月貯金している人はそれもプラスにして考えられますが、購入後にかかる管理費や駐車場代はあらかじめ引いておきましょう。
マンション購入で現在の移住スペースよりも広くなる場合、忘れがちなのが、冷暖房などの光熱費が上がることです。その他、子供の教育費などの生活の変化も忘れずに確認してください。

用意する頭金は
例えばフラット35の場合、最低10%は自己資金は必要です。その他、物件価格の3%~5%の諸費用分は必要です。
目安としてマンション価格の15%~20%の資金があれば、安心でしょう。

無理なく借りられる金額は
余裕ある返済額として、年収の20%~25%が目安となります。
年収500万円であれば、20%の100万円を12ヶ月で割った8万3千円となります。

毎月8万円の返済額の場合の借りられる金額(単位は万円)

    |     返済期間
金利 |--------------------------
  | 25年 | 30年 | 35年
------|--------------------------
2.5% | 1,783 | 2,024 | 2,237 
3.0% | 1,687 | 1,897 | 2,078
3.5% | 1,598 | 1,781 | 1,935

毎月12万円の返済額の場合の借りられる金額(単位は万円)

    |     返済期間
金利 |--------------------------
| 25年 | 30年 | 35年
------|--------------------------
2.5% | 2,674 | 3,037 | 3,356 
3.0% | 2,530 | 2,846 | 3,118
3.5% | 2,397 | 2,672 | 2,903

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。