FC2ブログ
2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
4月首都圏マンション発売戸数、需給とも低調=不動産経済研究所
民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、4月の首都圏マンション発売戸数は2875戸で、前年比29.7%減少となった。減少は8カ月連続。同月の首都圏のマンション契約率は63.1%で、好不調の分かれ目とされる70%を9カ月連続で下回った。同研究所では「需給とも低調」と指摘した。
 需要減退について同研究所は価格の高騰を要因に挙げた。1戸あたりの価格は5344万円となり、前年比で14.9%上昇。東京赤坂の高額タワーマンション(1戸平均1億3911万円)の発売もあり、上昇幅は、3月のプラス6.2%から大幅に拡大した。同研究所では「どこまで顧客が(価格上昇に)ついてこられるか」が問題という。
 マンション販売在庫数は前月比293戸減ったものの、1万0544戸と、5カ月連続で1万戸を上回っている。
 また供給についても、デベロッパーが顧客の反応を見ながら価格設定をするため、後ずれさせる傾向があるという。
 同研究所では、今年の首都圏の供給は2007年実績を1割程度下回る5万4000戸前後と見込んでいるが、現時点でその見通しから大きなカイ離はないという。

5月15日15時0分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000035-reu-bus_all
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/10-f6e527a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。