FC2ブログ
2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
鉄スクラップ国内外で急落
鉄鋼原料となる鉄スクラップの価格が国内外で急落している。
アジア向け輸出価格は1ヶ月で25%下落。国内価格も7月の最高値から25%下がり、3-4月以来の安値となった。
韓国や日本の電炉の買い控えで需要が緩んでいるのが背景であり、建設用を中心とした鋼材価格の下げ圧力につながる可能性がある。

マンションにも鋼材は使われているため、鉄スクラップの価格が落ちることによって、マンションの建設費を抑えることができることになる。
すぐにマンション価格に反映されるものではないが、今後2-3年後、マンション市場の需要と供給のバランスが崩れ、マンションの在庫が多く残るようになれば、マンション価格の値下げも十分にありえるだろう。


参考記事の抜粋
「景気後退」の現場から/2 一変、マンション不況
バブル崩壊後下落を続けていた地価は07年に16年ぶりに上昇に転じたが、07年後半に伸び率は鈍化。6月の首都圏のマンション販売価格も1年7カ月ぶりに前年同月を下回った。都心部を中心に地価が高騰した「ミニバブルは崩壊した」(大手不動産)。回復の動きをみせた不動産市場は再び冷え込もうとしている。
毎日新聞 2008年8月8日 東京朝刊
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/21-7cec1889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。