FC2ブログ
2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
都心部のマンション買い手激減
国土交通省が9月18日に発表した全国の基準地価で地下の下落傾向が鮮明になった要因の一つはマンションを中心とする住宅市場の不振と言われている。その中でも前年まで活発だった東京都区部の冷え込みが目立ちます。
今回の地価調査で高輪3丁目の調査地点は5.9%下落と都内の住宅地で最大の落ち込みを記録しました。昨年は都心部のマンション人着で18%も上がった分、今年の反動も大きかったのではないかと分析しています。
国土交通省の調査によると、新設住宅着工戸数が昨年7月から12ヶ月連続で前年割れするなど、低水準が進んでいます。不動産経済研究所のまとめでは、8月の首都圏の新築マンション販売戸数も前年同比38.8%減と、住宅の不振は深刻です。

10月以降、郊外型マンションで値引きがさらに増えると予想する不動産アナリストも多いようです。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/22-7b026fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。