2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
完成済みマンションの内装
生活の中心のリビングはまず広さをチェック
間取り図に記載されている広さと、実際に現場を確認した広さの感覚に違いがある場合も少なくありません。その理由としては、部屋の形状、柱や梁・下がり天井などの存在、天井の高さなどが挙げられます。
柱や梁・下がり天井などの出っ張りは、圧迫感を感じる場合があります。また家具・家電を置く際に支障になる場合があります。このように図面だけでは確認できない要素を完成済みマンションの場合は確認できるメリットがあります。

日当たりや風通し、窓からの眺めなどをチェック
南向きでなくても、風の開口部が大きいと十分が日が入ってくるケースもあり、住戸の向きだけで検討をやめてしまうのはもったいないです。
風通しも住み心地を左右する重要なポイントであり、窓や扉を全開にしてみて、風がよく抜けるようになっているかを確かめてみましょう。
展望はモデルルームでは確認できないポイントの一つであり、見学時に部屋からの展望を確認できるのは、大きなメリットです。

壁・床は薄くないか
隣や上の階の住戸に入居していれば、実際にどのくらい音が伝わってくるかを確かめられます。大手のマンションメーカーでも住んでみると、意外と壁が薄かったとの報告もよく聞きます。
併せて、物件周辺の音についても、気にならないが確認してみましょう。


間取り図と実際の広さは違うもの。リビングの広さをチェックしてみましょう


スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/36-43c83460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。