2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
賃貸マンションと購入マンションどっちが得か
賃貸マンションからマンション購入に至るきっかけとしては、結婚や子供の誕生が大きく影響するでしょう。
結婚後から老後までの賃貸マンション暮らしと購入マンション暮らしのライフプランを比較してみましょう。

ライフプラン例の記事を参考に解説します。

30歳を分岐点とすると、マンションを購入した方は65歳でローンが完済となります。
購入マンションの方は初期に大きな出費が必要ですが、老後の生活が楽になります。
賃貸マンションの方は初期は余裕がありますが、子供が育ち盛りの時期と老後の生活が圧迫する傾向があります。
よって賃貸マンション派は、特に老後に向けて貯蓄しておく必要があるでしょう。

30年後の不動産の価値は誰も分からないものです。
マンションを購入すれば、支払額が安定し、老後の住居費の心配がなくなります。
賃貸マンションの場合は、将来の景気によって生活が左右されるデメリットが生じます。
仮に物価があがり、生活費が圧迫した場合、家賃の安い地方で住居費を抑えて暮らす方法もありますし、その時の景気にあわせて、住む場所を変えられる柔軟性があれば、リスクを回避できるでしょう。


毎月の収入が高くて毎月の生活における住居費の比率が低ければ、景気に左右されず、あえてマンションを購入する必要もなくなってしまいます。
よって賃貸か購入がどちらか良いかとは、各家族の状況によっても答えが変わってきます。

家族でライフプランを良く話し合うことが必要です。


賃貸か購入は、損得ではなく今後の生活を家族で話し合うことで決めたほうが良い

スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/53-981d1e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。