2010年新築・中古マンションは買い時か
2010年、新築・中古マンションを購入するときに検討の対象になる価格、供給、金利、税制から大胆予測。
スポンサードリンク




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
マンション購入のチェックポイント
1.資金計画
購入価格=自己資金+住宅ローン借入額+諸費用
住宅ローンの返済が、現在の収入からみて無理はないか。諸費用は購入価格の2~3%になる。
返済の他に、管理費や修繕積立金、駐車場代などの別途費用が月数万円ほど必要。

2.売主の確認
マンションのプランや質を決定するのは、事業の主体である売主である。購入後の建物に関するトラブルなども、売主を相手に交渉することになる。
よって、売主の評判、他の対応事例などを調べておいた方が良い。

3.地域・地区の確認
マンションの所在地やターミナルとなる駅が、希望の条件にそっているか。勤務先への交通の便、子供の通学に問題はないか。
また将来の計画などで(大規模マンションや店舗など)住環境に影響を与えるような計画がないか。

4.環境
平日・休日、昼間・夜間の交通量や騒音、生活音などを確認したほうがよい。
地域によっては、夜間の暴走族のよる爆音や、軍用機の騒音・競艇などのギャンブル開催日の問題、渋滞の抜け道として使われる場合の交通量など、休日だけでは確認しきれないポイントがある。

5.間取り(部屋の向き、広さ、廊下幅など)
南向きは好まれるが、生活スタイル、眺望などを重視して、割安な東向きや南向きを選ぶ方法もある。最近では、個室の広さよりもリビングの広さが重視されるようになっている。

6.設備
後から追加工事をしずらい設備が当初から備わっているか。
床の構造、スラブ厚、個戸境厚、旧排水管の位置・構造など変更できない箇所でも対策や性能が確保されているか。

7.共用部分
完成したマンション以外では、共用の玄関、廊下、エレベーター、駐車場、駐輪場などを十分に確認できない。モデルルーム販売の場合は、設計図や模型、パースなどで位置、広さ、仕様、台数などの確認をする。
豪華な施設(温泉・託児施設、フィットネスクラブ、カフェなど)を持つマンションは、すべて管理費によって運営されるため、維持管理費が高くないか、自分たちに必要な施設かを確認する必要がある。

8.管理
マンションの建物としての維持管理や管理組合の内容など、個人では変更できない項目です。
管理人の常駐時間やゴミ出しのルールなどの管理計画、きちんとした修繕計画が立案されているか確認が必要。


最近のマンションでは、個室の広さよりもリビングの広さが重視されるようになっている。
最近のマンションでは、個室の広さよりもリビングの広さが重視されるようになっている。
スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mansyon2008.blog31.fc2.com/tb.php/54-c27dabab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。